2月8日(木)の総合的な学習の時間に、1年生に向けて「2年生修学旅行報告会」を実施しました。このとりくみは、37回生から始めて今回で5回目になります。

当日は、4分間の中で各班が工夫をこらして発表をしていました。クイズ形式や、アクションを交えての熱心なプレゼンも多く、頼もしく感じました。「(後輩に)楽しかった旅行の様子を伝えたい。」という気持ちが伝わっていました。

1年生が書いた感想の一部を紹介します。

○植物について詳しくまとめていたので、知らない自分でもよくわかるようになった。デイゴは音楽で歌った民謡にあったので親しむことができる気がする。(3J教室:2年3組5班)

○テンションが高くて面白かった。お菓子について知ったので食べてみたいと思いました。(25教室:2年5組1班)

○染め織物について絵を使ってうまくまとめられていた。ウージ染めが季節によって色が変わることを知れてよかった。(26教室:2年6組9班)

○男の人と女の人で方言が違うことがわかり面白かったです。沖縄方言は難しいなと思いました。「ん」から始まる言葉もあって面白い。(3L教室:2年7組9班)

□どれも自分にとって未知のことばかりで沖縄がさらに楽しみとなるものばかりだった。先輩方の発表はどれも堂々としていて聞きやすいものだった。沖縄に実際に行った時の話を聞くことができ、充実した一時間だった。(全体感想)